歯医者の椅子に座る子供

歯や歯茎の痛みをとってもらうために歯科に行く人は多いですが、それ以外に口元の美容目的に使われている審美歯科というのもあります。 代表的な治療として、ホワイトニング・オールセラミック・クリーニングなどがあります。 一つだけ受ける以外にも、様々な治療を組み合わせて受けることも可能です。 例えば、歯が凸凹している患者さんに対して、歯肉を整える治療を行い、歯の修復治療、ホワイトニング治療を行う、など3段階で治療を進めていくケースもあります。 むしろ、一箇所しか問題がない患者さんは少ないので、組み合わせて治療が行われる方が多いでしょう。 審美歯科では口元の見た目を良くするだけではなく、噛み合わせをよくすることで全身の健康作りにも役立ちます。

大切とは分かっていても、歯磨きがおろそかになってしまうこともあります。 また、自分ではしっかりブラッシングしたつもりでも、実は磨き残しがあったという場合でもおろそかにしてしまっているのと結果は同じことになります。 毎日適切なブラッシングを行うモチベーションを上げるには、審美歯科で治療してもらうのも効果的です。 審美歯科は基本的には自由診療なので治療費が高くなりますが、それだけに「一度綺麗にしてもらったのだから、その状態を保ちたい」というモチベーションがアップします。 歯を健康で綺麗に保つのに欠かせないのが毎日の正しいブラッシングですから、そのモチベーションをアップさせるきっかけとしては審美歯科利用は効果が大きいでしょう。