矯正歯科

親知らずの歯科治療では、レントゲン撮影や抜歯の麻酔などが必要になります。 そのため、もし結婚する予定があり、そのうちに親知らずを抜くという予定もある人は、親知らずは結婚前に抜いておくのがベターです。 というのも、妊娠してしまうと親知らずの治療で使う機器や薬剤が胎児に影響を与えてしまう危険性があるからです。また、抜歯後の炎症を抑える薬などでも胎児に影響が出てくる危険性があります。 結婚を控えているのならば、親知らずによって何か症状が出てくる前でも歯科で抜歯してもらった方が安心です。 もちろん、必ず抜かなければならないわけではありませんが、妊娠中に急に親知らずが悪さをする危険性が高い人は気をつけておくと良いでしょう。

歯科治療の中でも、親知らずを抜歯する外科手術は「怖いもの」というイメージが強いようです。 親知らずは永久歯の中で一番最後に出てくる歯で、第三臼歯、智歯と呼ばれています。 親知らずがない人もいますし、下側だけや上側だけにあるなど、人によって状態が異なります。 歯科で抜かなければいけないというイメージが強い親知らずですが、以下のような状態ならば抜かなくても問題ありません。上下段の親知らずが噛み合いブラッシングがちゃんと出来る人、将来的に出てくる可能性がないと判断される人、などです。また、親知らずがあっても血管に近すぎて簡単には治療が困難な場合、炎症を抑えて経過をみるなどの処置を取るケースもあります。状況によって異なるのが親知らず治療の特徴です。