予防歯科という方法
歯に薬を塗る女性

歯科医の役割は、患者の歯のトラブルを即座に直すという部分の他にも、トラブルを未然に防ぐ予防歯科を行うという部分も存在しています。歯の問題を効率よく解消していくためには、患者自身の行動からも解消していく必要があるのです。

より良い治療を受ける
歯科医と患者の男性

自分にとってより良い治療を受けたいという思いは、誰にだって芽生えるものでしょう。近年のインプラント治療などの最新医療技術は、様々な情報を開示しているため、自分にとってあっているか田舎を判断していく事が可能なのです。

歯の外科手術
矯正歯科

親知らずとは、人が成長期から抜けた後に生えてくる歯の総称であり一番奥の歯のそばに生えてくる事が一般的です。この親知らずは人によって異なりますが、磨ききれてない事が原因でむし歯の温床となってしまう可能性が存在します。

歯をチェックしている医者
親知らずの生え方
歯医者の椅子に横たわる子供

親知らずの生え方には、人によって異なってくる場合が存在しているのです。まっすぐ生えてくる場合の他に、斜めに生えてくる場合、真横に生えてくる場合など、通常とは異なる状態になる事が存在しているのです。

白い歯の価値
歯医者の椅子に座る子供

多くの人びとにとって白い歯を手に入れることはとても重要な部分だと言えるでしょう。近年では、様々な歯科医院においてホワイトニングを行うことが出来る設備と技術が存在しているため、それぞれ利用していくことが望ましいでしょう。

歯科での費用の違い

ミラーと抜けた歯

インプラント治療を受けるならこちらの歯科がおすすめですよ!過去にインプラントで失敗した経験がある方もこちらなら安心して任せられます。

歯科用CTなど最新の設備が揃う大島で評判の歯科なら、それぞれの悩みや症状に合わせた安心の治療を受けることができますよ。

歯科での虫歯の治療には、保険診療内の治療と自費治療の二つがあります。保険診療内での治療は、保険が適用されますが、自費治療では保険適用外のため、治療費は自己負担となります。自費治療での虫歯治療について説明します。小さい虫歯をセラミックで治した場合の治療費は、3万円から5万円程度かかります。この歯科治療は、審美性、安全性、機能性に優れています。セラミックの材質が劣化しないため、長持ちするのが特長です。インプラント治療を受けた場合の治療費は、30万円から40万円程度かかります。インプラントとは、歯がなくなった骨に人工の歯を植えつける歯科治療です。残っている歯の負担を軽くすることができ、周りの歯を残すためにはいい治療法です。

紀元前5世紀頃の古代エジプトやローマでは、まだ歯医者が存在していませんでした。代わりに理髪師が抜歯や歯石除去などの歯科治療を行っていました。その理由として理髪師は、指先が器用であることや、治療に欠かせない鋭利な刃物、器具などの扱いに慣れていたからだと考えられます。 歯の効果的な治療方法がなかった頃は、抜歯によって痛みを取り除くのが一般的でした。その頃はまだ麻酔もありませんから、抜歯に伴う痛みは相当なものだったでしょう。ヨーロッパでは、患者が抜歯の痛みに耐えかねて叫ぶ声をかき消すために、ドラムやトランペットを使うこともありました。抜歯器具として古くから西洋で使われてきたものに、ペリカンというものがあります。先端の掛け金の部分がペリカンのくちばしに似ていたため、そう呼ばれていました。麻酔がない時代は、短時間で抜歯を終わらせるために長い間ペリカンが使われてきました。

カウンセリングを重視している五反田の歯科なら、悩みや不安を解消しながら治療が進めていくことができるので安心ですよ。